スポーツ中の痙攣

痙攣でもスホーツの最中に起こる熱痙攣は、てんかんなどの病気により発症するものと異なり、健康な成人でも痙攣を引き起こしてしまう場合があります。

スポーツを行う気温の環境では必ずしも暑い時だけに限らず、比較的心地よい気温の場合でも熱中症にかかる場合があります。

熱中症で痙攣を伴うのは熱痙攣といい、スポーツにより大量に汗をかいて水だけの補給の場合、血液での塩分濃度が低下し、足、腕、腹部への筋肉の痛みにともない痙攣が起こってしまいます。

スポーツ時の痙攣は体に現れる極度の危険信号ですから、熱中症にかかった場合は痙攣の前にめまい、吐き気などの軽い症状から起こり、やがて痙攣などの思い生じようを引き起こしてしまいます。

熱中症と思われる症状が出た場合は、すみやかにスポーツを中断し、涼しいところで体をやすめ、スポーツ飲料などを補給するのが良いでしょうが、痙攣などを引き起こした場合は、さらに深刻な症状を伴う事もありますので、急いで病院にかかった方が良いでしょう。

また痙攣まで行かなくても、熱中症の場合には緊急的には氷や熱を下げる発布薬などを、首筋や脇の下、股の付け根頚動脈に貼り体温を下げる必要があります。

特にスポーツを恒常的に行う人の場合、以外に痙攣を軽視する傾向がありますので、痙攣を起こした場合は決して症状を甘く見ることなく、一度は医師への痙攣の相談をした方が良いでしょう。
posted by ピータン1号 at 11:30 | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痙攣が起きたら

痙攣が起こったときに、立っている場合や椅子に座っている場合は、倒れても安全なように横にさせます。

痙攣で横たわらせる時には衣服を緩めて楽にし、吐物が喉につまらないようにして、痙攣の硬直により舌をかまないように、歯の間にハンカチなどを入れます。

痙攣で呼吸が苦しくなる場合は、必要に応じ人工呼吸を行い、痙攣発作による失禁にも注意を払います。

また痙攣が体のどの部分から始まり、どのくらいの時間痙攣が続いたのか、また意識障害や発熱、嘔吐などがあるかも注意深く見ておく必要があります。

痙攣を起こし休ませる場合は、できるだけ静かで暗い部屋にして、痙攣の発作がおさまってもしばらくはそのまま安静に寝かせた方がよいでしょう。

この他にもスポーツ中に痙攣を起こす事がありますが、大半は熱中症などの影響によるもので、スポーツ飲料の摂取や頚動脈を冷やす事により体温を下げる事で、痙攣がおさまる場合もありますが、痙攣がおさまったからといって放置せず、必ず医師の診察を受ける必要があります。

posted by ピータン1号 at 11:29 | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痙攣を起こす病気

てんかん
 てんかんにも数種類がありますが、おもな症状は痙攣です。
 小発作の場合は、目の周囲や腕に軽い間代痙攣が起こることがありますが、大発作の場合は突然意識がなくなります。
 精神運動発作と呼ばれるてんかんは、痙攣を起こすことは少なく、体をねじり腕を動かすような動作が特徴です。

熱性痙攣
 乳幼児や小児では、風邪などによる発熱で痙攣を起こすことがあります。
 熱性痙攣の大半は1回から数回痙攣を起こし、成長とともに痙攣を起こさなくなります。
 仮に微熱や中程度の発熱でよく痙攣を起こす場合は、継続的治療を必要とします。

●その他の病気
 頭部外傷、脳腫瘍、脳炎、髄膜炎といった、様々な中毒など多くの病気が痙攣の原因となることがあります。
 化膿性髄膜炎や脳炎では、発熱や頭痛に伴い痙攣・意識障害などの症状が出ます。
 副甲状腺機能低下症では副甲状腺ホルモンが不足し、血中カルシュウム濃度が低下することにより、全身痙攣を引き起こすことがあります。

このように痙攣を起こす病気はいろいろありますので、痙攣を起こした場合は一度医師の診察を受けることを勧めます。

posted by ピータン1号 at 11:28 | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痙攣について

痙攣は筋肉が発作的に収縮する状態を言い、特に子供に多い痙攣はひきつけということが多いようです。

痙攣のタイプには、てんかんのはじめに良く見られ、足がつったような状態が全身におこり一定時間痙攣が続く強直痙攣と、てんかんの発作中に見られ、体が小刻みに揺れるような痙攣が短時間繰り返し起こる間代(かんたい)痙攣があります。

痙攣の初期症状としては「めまい、ふらつき、頭痛、ふるえ、手足のしびれ感、顔や手足の筋肉のビクつき」などがあり、これらの前触れ後に痙攣を起こすケースが見られることが多いようですが、これらの症状が必ずしも痙攣の前触れとは限りません。

痙攣を起こしても一過性のものは、直ちに生命に危険が及ぶことはあまりありませんが、痙攣が重積状態になると危険な状態となりますので、一刻も早い痙攣への適切な処置を行う必要があります。

痙攣が重積状態の場合は、痙攣を起こした筋肉の酸素消費量が増大し、呼吸筋に影響が及ぶ事から脳低酸素状態を引き起こすこともあります。

posted by ピータン1号 at 11:26 | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。